貧血に悩む妊婦さんへ「鉄分配合のおすすめサプリを紹介します!」

妊娠中はおなかの赤ちゃんに優先的に栄養が与えられるため、妊婦さん自身が栄養不足になり様々な健康被害を引き起こす可能性があります。

その中の一つが貧血です。たかが貧血と思われる方もいるかもしれませんが、妊娠中の貧血は本当に辛く、最悪おなかの赤ちゃんの成長にもかかわってきます。

そこで今回、辛い妊娠中の貧血を改善してくれる鉄分が含まれるおすすめの妊娠サプリをご紹介しましょう。

妊娠中は鉄分補給が必須

おすすめサプリの紹介の前になぜ貧血が起こるのか、そして貧血によってどのような症状が出るのか軽く知っておきましょう。

鉄分が不足する

妊娠中はおなかの赤ちゃんに栄養を送るために普段の1.5倍ほど血液の量が増えます。

しかし、このとき血液内の赤血球よりも水分のほうが多く増えているんです。

さらに赤血球を作る働きのある鉄分はおなかの赤ちゃんに積極的に運ばれます。

よって妊婦さん自身の赤血球の割合が急激に下がり、貧血を起こしてしまうんです。

貧血が起こす様々なリスク

貧血の症状としては立ち眩み、めまい、息切れ、頭痛などですが、このほかにも貧血の状態を放置していると妊婦さんと赤ちゃんにこんなリスクが高まります。

  • 胎児の発達不全
  • 出産の長期化
  • 産後の回復が長引く

妊婦さん自身が貧血状態だと、おなかの赤ちゃんにも十分な栄養素が行きわたらなくなります。そうなると未発達の胎児が生まれてしまう確率を高めてしまうんです。

また、貧血によって体力が低下し、適切な陣痛が来ずにお産が長引く可能性が出てきます。

さらに貧血の影響は産後にも表れます。出産には多くの出血が伴い、体力を消耗します。また赤ちゃんに与える母乳もママさんの血液から作られるんです。

ですから妊娠中の段階から鉄分を多く摂取しておく必要があります。

葉酸不足が貧血の原因になることも

貧血といたら鉄分不足と思いがちですが、実は葉酸不足でも貧血は起きます。

これまで紹介してきた貧血は鉄分が原因で起こる「鉄欠乏性貧血」ですが、妊娠中に起こる貧血には「巨赤芽球性貧血」という葉酸やビタミンB12が不足することで起こる貧血もあるんです。

巨赤芽球性貧血とは葉酸が不足して赤血球が大きくなり、やがて壊れてしまう貧血の種類になります。

ですから妊娠中に貧血に悩んでいる方は鉄分だけでなく、葉酸も積極的に摂る必要があるんです。

妊娠中の貧血を改善!おすすめの妊婦サプリ

ベルタ葉酸サプリ

内容量 48.0g(120粒)
価格 通常価格 5,980円(税込)

定期購入価格 3,980円(税込)

原材料 酵母、黒酢もろみ、ツバメの巣、コラーゲン、プラセンタ、キャベツ、ごぼう、玉ねぎ、にんにく、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、カボチャ、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、ゴーヤ、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、トマト、貝殻カルシウム、セルロース、クエン酸第一鉄ナトリウム、葉酸、ステアリン酸カルシウム、クエン酸、ビタミンB6、珊瑚カルシウム、ビオチン、B-カロテン、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB1、ヒアルロン酸、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB12

妊娠中の貧血を予防・改善してくれる一番のおすすめ妊婦サプリが「ベルタ葉酸サプリ」になります。

鉄分を20㎎配合

ベルタ葉酸サプリには貧血を予防・改善するために鉄分が20㎎も配合されています。この20㎎というのは他の妊婦サプリ(10~15㎎)と比べても多めで、より効果が期待できます。

ちなみに鉄分20㎎というのは鉄分豊富な野菜ブロッコリー1,470gに相当するんです。

ブロッコリーをこれだけの量を食べるより、断然ベルタを1日4粒飲んだほうが楽ですよね。

またベルタには妊婦さんが必要とする1日の葉酸400㎍をたったの4粒で摂ることが出来るので、葉酸不足による貧血の心配もありません。

ラクトフェリン配合でより高い貧血対策

ベルタにはラクトフェリンという他の妊婦サプリには見られない成分が配合されています。このラクトフェリンは鉄分と結合して体内に吸収されやすい性質を持っているんです。

ですからベルタは「鉄分」「葉酸」「ラクトフェリン」によって徹底的に貧血を予防・改善してくれます。

鉄分の過剰摂取が心配な方へ

妊娠中の貧血に悩まされている方は日ごろの食事でも鉄分豊富な食材を摂っている場合があります。

もしそれに加えてベルタを服用するとなったら、鉄分の過剰摂取も気になるところです。

そこで鉄分の1日の許容摂取量を示しながら、ベルタを飲んでも大丈夫なのか見ていきましょう。

鉄分は1日40㎎まで

鉄分の1日の許容摂取量は世人女性で40㎎までとなっており、これを超える量を摂取すると過剰摂取になり、胃や腸に不具合を起こし便秘などを起こす可能性があります。

しかし、日ごろの食事で摂取している鉄分の量は約7.5㎎と極わずかで、これにベルタの20mgを足しても過剰摂取の40㎎に届くことはありません。

ですから安心してベルタをお飲みいただけます。

妊婦サプリのまとめ飲みには注意

ベルタを飲んでも過剰摂取がないというのはあくまで、正しい摂取目安を守った場合に限ります。

ですから例えば前の日に飲み忘れたからといって、次の日まとめて8粒飲んでしまうと40㎎の過剰摂取になってしまうので絶対にまとめて2日分飲むようなことはやめましょう。

また1日分であっても2,3回に分けて飲んだほうが成分の吸収効率が良くなるので、おすすめです。

まとめ

妊娠中に立ち眩み、めまい、息切れ、頭痛などの症状がある方は貧血を起こしている可能性があります。

もしベルタのような妊婦サプリを飲んでいないのでしたらなおさらその可能性は高いです。

そのまま貧血を放置しているとあなたの健康だけでなく、おなかの赤ちゃんの成長の障害にもなるので今からでもベルタ葉酸サプリで鉄分、そして葉酸やそのほかの栄養成分をしっかり摂ることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です