妊婦さんこそ亜鉛を摂ろう!おすすめの妊婦サプリをご紹介

妊娠中は様々な成分が必要とされます。葉酸、鉄分、カルシウム・・・・などなど

でもあまり知られていない成分があります。それが亜鉛です。

亜鉛が日頃から私たち日本人に不足している成分であり、だからこそおなかの赤ちゃんのために亜鉛が必要になります。

そこで亜鉛が必要な理由や効果、そして亜鉛が手軽に摂れるおすすめの妊婦サプリを最後にご紹介します。

妊娠中に亜鉛が必要な理由

まず初めになぜ妊娠中に亜鉛が必要なのかその理由からお伝えしましょう。実は亜鉛は妊婦さん自身にもおなかの赤ちゃんにも欠かせない成分だったんです。

早期出産のリスクを軽減

亜鉛は細胞分裂をサポートする役割があるミネラル成分です。そのため胎児の成長に欠かせない非常に重要な成分で、妊娠中に摂取することで早期出産のリスクを軽減することが出来ます。

免疫力向上

亜鉛には皮膚や粘膜の健康を保つ働きがあり、免疫力向上の効果に繋がります。

ですから妊娠中の弱った妊婦さんの健康をサポートし、おなかの赤ちゃんを丈夫に育てるのにも役立ちます。

心を落ち着かせる

妊娠中は周りからのプレッシャーや、不安から精神が不安定になりがちです。

そんな状態も亜鉛は改善してくれる効果を持っています。

亜鉛には神経伝達物質を作る働きがあり、神経伝達物質を作ることで乱れた神経細胞が正常に働き始めるので精神安定やうつといった症状を緩和してくれるんです。

妊娠中は食事よりサプリから亜鉛を摂ろう

亜鉛は上記で述べたように妊娠中に欠かせない重要な成分と言えます。しかし実は亜鉛は体内では生成できない成分なんです。

ですから食べ物から取り入れる必要性があります。

では、妊娠中に亜鉛を含む食材をたくさん食べればいいのか、というとそうでもないのです。

その理由をこれからご紹介します。

過剰摂取のリスクがある

亜鉛を多く含む成分として有名なのが牡蠣、レバー、納豆、牛乳などです。

こうやって見ると結構、日ごろ口にしない食材が多く、妊婦さんでなくても私たち日本人が亜鉛不足になるのも頷けます。

しかし、だからといって妊娠中にこれらの亜鉛を多く含む食材をたくさん食べるのは私はおすすめしません。

というのも亜鉛を含む様々な成分の過剰摂取になる可能性があるからです。

例えばレバーには亜鉛の他にビタミンAが含まれていて、妊娠中にビタミンAを過剰に摂ると赤ちゃんが先天異常で生まれるリスクが高まります。

また牛乳を飲みすぎると妊婦さん自身がお腹を壊してしまいますし、諸説ありますが生まれてくる赤ちゃんが牛乳アレルギーになるとも言われています。

そして何より亜鉛自体にも過剰摂取量があり、成人女性は1日に40㎎以上の亜鉛の摂取は好ましくないとされているんです。

ですから、正確な成分量のコントロールに自信がない限り、食事での亜鉛の過剰な摂取はおすすめしません。

サプリの成分は過剰摂取にならないように配合

食事がダメならじゃあどうやって亜鉛を摂取するのかというと、それは妊婦サプリ(別名:葉酸サプリ)です。

妊婦サプリには妊娠中に必要な成分がたくさん配合されていて、中には亜鉛も含まれています。

そしてこれらの成分はすべて過剰摂取にならないように適切な量が配合されているのでいちいち含有量を気にしなくても安心して飲めるんです。

もし、亜鉛不足だと感じたのなら食事でなんとかするのでなく、妊婦サプリで無理なく簡単に補いましょう。

適量な亜鉛が摂れるおすすめの妊婦サプリを紹介

ベルタ葉酸サプリ

内容量 48.0g(120粒)
価格 通常価格 5,980円(税込)

定期購入価格 3,980円(税込)

原材料 酵母、黒酢もろみ、ツバメの巣、コラーゲン、プラセンタ、キャベツ、ごぼう、玉ねぎ、にんにく、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、カボチャ、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、ゴーヤ、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、トマト、貝殻カルシウム、セルロース、クエン酸第一鉄ナトリウム、葉酸、ステアリン酸カルシウム、クエン酸、ビタミンB6、珊瑚カルシウム、ビオチン、B-カロテン、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB1、ヒアルロン酸、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB12

最後に亜鉛が摂取できるおすすめの妊婦サプリをご紹介します。それがこの「ベルタ葉酸サプリ」です。

ベルタ葉酸サプリは亜鉛が入っているだけでなく、妊娠中に必要な様々な成分をバランスよく配合し、以下のような効果を得ることが出来ますよ。

奇形児のリスクを軽減

妊婦サプリには1日に必要な量の葉酸がしっかり入っています。これによって赤ちゃんの神経や細胞といった体をしっかり作ることができ、未熟児や奇形児、低体重と言った先天性の障害を持って生まれてくるリスクを大きく軽減することが出来るんです。

また、亜鉛にも細胞分裂を助ける働きがあるので妊娠中に胎児がすくすくと成長していくサポートを葉酸とともにしてくれますよ。

妊娠中の貧血を防ぐ

妊娠中、よく不足する成分が鉄分です。妊娠中はおなかの赤ちゃんに栄養を送るために妊婦さんの血液量が増えるとされています。

しかし、その分赤血球が不足し、赤血球を作るための鉄分も赤ちゃんに送られてしまうんです。

ですから妊娠中に貧血を起こす妊婦さんが非常に多く、それを防ぐためにベジママでは鉄分を20㎎配合しています。

これにより赤血球を多く作り、ママさんの貧血を防ぎつつ、おなかの赤ちゃんにも栄養をたっぷり送ることが出来るんです。

妊娠中の疲労骨折を防ぐ

妊娠中は鉄分とともにカルシウムも不足します。しかも、妊娠中にカルシウムが不足すると胎児の骨や歯を形成するために妊婦さんの骨からカルシウムを奪っていきます。

すると骨がどんどんもろくなり、疲労骨折を起こしてしまうんです。

こうならないためにベルタではカルシウムを豊富に配合しており、妊婦さんとおなかの赤ちゃんの骨を丈夫にしてくれます。

まとめ

亜鉛は葉酸や鉄分、カルシウムに比べるとまだまだ重要性が認知されていない成分です。

しかし、亜鉛には妊婦さんや赤ちゃんの健康をサポートするさまざまな効果があり、妊娠中に特に摂取する必要があります。

そして闇雲に食事で亜鉛を摂取するのでなく、過剰摂取にならないように適切な分量が配合されたベルタのような妊婦サプリを飲むことをおすすめします。

皆さんも妊婦サプリでおなかの赤ちゃんとともに大事な時期を乗り越えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です